社員の独り言  H18.7〜12月分

 H18.12.29    一期一会

 大掃除をして治りかけの腰痛が更にひどくなり情けなくなった今日この頃。仕事も掃除も中途半端でどどどどうしよう・・・。今年も入居する方、退去される方、土地を購入する方、物件を探しに来た方など様々な出会いと別れがありました。嬉しい事や辛かった事、ここには到底書けないようなディープな出来事の中でたくさんの大事な事を学んだような気がします。まだまだ不動産屋のイメージが悪い世の中ですが、日々進歩と進化を目指して努力していこうと思っています。このホームページも物件の更新より「独り言」の更新が多いというヘンテコ不動産屋になりつつありますが、マイペースで続けていきますので、来年もどうぞよろしくお願いします。それでは、皆さん良い年を。

 H18.12.21    叔母バカ

 白いものでも黒にする(H16.6.8の独り言参照)姪っ子へクリスマスプレゼントにと「ロバートサブダ」の飛び出す絵本を贈ったところ、お返しにプレゼントが届きました。じゃーん!!(ここをクリックしてください) 手作り貯金箱。 入り口が小さいのでお金が入りません。そして「入り口」が「いれぐち」に・・・。致命傷は取り出し口がとても低くて大きいです。本当は貯金箱じゃないかもしれません。手紙には漢字が書けるようになったと書いてありました。プレゼントの本の感想は全く書いてありません。いいんです、いいんです、私はそんなあなたが大好きだから。

 H18.12.13    元気ですかーーーー!!!(猪木風)

 事務所にあるサボテンがやっとつぼみをつけました。自宅にあるのはとっくに咲き初めているのに・・・。同じ植物でも日当たりや環境によって変わるものですね。今週に入ってから期間の長い特殊な契約書を作成する為にパソコンの画面と睨めっこが3日間続き、条文が全部頭に入りそうです。契約書といえば、雛形があって、数字をちょちょいと変えれば良いじゃないかと思いますが、実際の契約では個人か法人か小口か大口かによってそれぞれ条件の違いがでてきます。それに対応するために一つ一つチェックをしながら契約書を作っていくのです。特殊な契約ですと司法書士や弁護士の先生にお願いする場合もあります。そもそも契約書とはトラブルを未然に防ぐためのものですが、近年こと細かなものになってきています。それというのも、生活の多様化から様々なトラブルが生じてきているからでしょう、こんなこと書かなくてもわかるというような内容まで書いてあります。それでも書いてあるのは残念ながら守れない人がいるからだと思います。これから、訴訟大国になりそうな日本ですから裁判になった時のために条文や約束事がどんどん増えるかもしれません。将来、ものすごい量の契約書を前に説明している自分を想像して怖くなりました。

 H18.12.5     ブラボー 

 先日、久しぶりにピアノのコンサートを聞きにでかけました。私が昔習っていたエレクトーンの先生なのですが、今はピアノで講師を続けながら音楽活動もしているのです。オリジナルをメインに有名な曲のカバーもあり、あっという間の2時間でした。途中でボーカルの女性とウッドベースが入り3人の意気もぴったりでなんだかとても良い雰囲気に。そして驚いたのが、その中の1曲がなんと、NHKの「みんなのうた」のプロデューサーの耳に入り気に入ってもらえたのだそうです!!ところが、その方が異動になってしまい、残念ながら採用にはならず・・・。現在放送中のテレビドラマ「のだめカンタービレ」の影響もあって、クラッシック音楽やピアノに興味を持たれた方も多いのでは。12月はベートーベンの「第9」がどこのホールでも演奏されますが、この曲を聴くと思い出すことがあります。高校の時のクラスメイトが地域の合唱団に入団していて、「第9」の譜面のドイツ語で書かれた歌詞に一生懸命カタカナをふっていたのです。普段おとなしい彼女からは歌を歌う姿は想像できず、私が「もしかして、第9?」と聞くと恥ずかしそうに「うん、まだ全部覚えられなくて」という答えが・・・。いつもとは違う一面を見てびっくりしたのを覚えています。コンサートに行ったことと、ドラマの影響で、またまたピアノ譜が増えてしまいました(ほとんど弾かないのに・・・)師走の忙しさを乗り切る為にも音を楽しむ事も忘れずにいたいものですね。

 H18.11.27    物思う11月

 目の前で外国人の40代ぐらいの男性が電車に挟まれそうになったのを助けようとして「すみません」と青い目で言われ、その発音の綺麗さに驚いている今日この頃。気がつけば11月も終わり、気がつけば冬になっていました。1年、本当に早いもので、この独り言を始めて3度目の12月を迎えようとしています。相変わらず、つたない文章で友人や家族から細かい突っ込みが入るのですが、それが逆に嬉しかったりします。今年は人というのは一人では生きていけないんだなぁと改めて感じる出来事がたくさんありました。支え、支えられの関係ができて初めて人間なんだと、「金八先生」のくさい台詞が心にグサグサと刺さっています。今年もあと何回書けるかわかりませんが、「継続は力なり」を信じて続けていこうと思っていますので、どうぞ長い目で見てやってください。

 H18.11.16    商品名 べべねこ (チョーコッレート・クーキ)

 旅先で1度で読めない日本語表記を発見して大笑いして帰ってきたら、ファミレスで中学生ぐらいの男の子が「2階へ行って両親をやっつけろ(一部表記自粛)」と英語で書いてあるトレーナーを着ていました。どちらも体に悪いのでやめてください。

 H18.11.10    予想外だった一言 

 社長が「そりゃ〜、ありえない。」というのを聞いて思わず笑いそうになった今日この頃。時代の変化と共に常識が変わり、「あり得ない」事が平気で起こったりするので、神経が麻痺しているような気がするのは私だけでしょうか?もうなんか1円でも損したらアホだぐらいの勢いで、生き馬の目を抜くような毎日についていくのがやっとです。あ〜、なんだか尼さんにでもなって悟りを開くか、のんびり外国で暮らしたい・・・ということで、しばらく旅にでることにしました。うそです、ごめんなさい、すぐ帰ってきます。少しの間メールでのお問い合わせによるお返事ができませんのでお電話でお願いいたします。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

 H18.11.4     

 今年咲いた朝顔がまだがんばっています。(ここをクリックすると見れます)なぜか夜も咲いてます。夜のほうがたくさん咲いてます。なぜ・・・・・・・・・・。

 H18.11.4     たての1 ●●●●ホール、●●●●リスト

 気がついたら11月に入っていて意味もなく焦っている今日この頃。最近、寝汗をかくことや急に体温が上がったりすることが多くなったので、友人何人かに話した所全員「私も」と言われびっくりしました。年配の女性のみと言われた「更年期」、最近では若年性や男性にもあるのだとか。悲しい事ですが、遠い未来の話ではなさそうです。今日は賃貸の保証人について。以前、家を借りる際に必要な連帯保証人になるにあたっての注意を書きましたが、最近では「保証人」がいなくても家を借りる事ができます。借主は「保証会社」に家賃の2〜3割程度を支払い「保証人」になってもらうのです。もちろん、審査がありますから全員入居できるとは限りませんが、親が遠くに住んでいる、高齢で年金暮らし、友人、知人にお願いするのも気が引けるというやっかいな「保証人」をお金で解決する方法です。貸主の大家さんからみても、家賃の保証を保証会社がしてくれるので、万が一滞納が発生しても自分で取り立てをしなくて良いというとても便利なシステムです。逆に保証会社を通す事を条件で家を貸す場合もありますから、気に入った家が審査が通らなくて借りられないという事がないように黒いリストには絶対に載らないようにしてくださいね。

 H18.10.27    注意

 昨夜、頭を洗っている時に日ハムの優勝セールの事を考えていたら、中途半端にひっかかったシャワーヘッドが後頭部を直撃しました。痛い、痛すぎる・・・。今年も「さむかわハッピー買物券」が11月1日より発売になります。お手持ちの期限切れの買物券は商工会へ持っていくと、1枚あたり50円を支払えば500円の共通商品券と交換できるそうです。以前にも書きましたが、この券は寒川町の消費需要拡大の目的で作られたもので、町外にお住まいの方でも購入することができます。尚、この救済措置は平成15、16、17年度の3年間になりますのでご注意くださいね。 

 H18.10.17    アタタタタタタタ

 先日、家に帰ると誰もいないはずの部屋の電気が点いていて、傘を持ちながら恐る恐る家に入りました。たぶん消し忘れたのでしょうが、久しぶりに変な汗をかきました。「護身術」という言葉が頭に浮かんだのですが、そういえば以前、英会話の先生にカンフーを教わった事を思い出しました。アメリカ人にカンフーを教わるというのもなんだか不思議な気がしますが、先生の先生のその又先生が中国人だったとか。本格的にやるわけではないし、運動不足解消の意味もあって、まぁいいかという軽いノリで週に1度近所の公園で生徒何人かと教えてもらったのです。一応、基本の型30を1セットにして覚えるのですが、それぞれ意味があって無駄のない動きに感心したのを覚えています。無駄は無かったのですが、無理な型は結構あって次の日全身筋肉痛になり動けなくなったことも。先生も真面目で一生懸命教えてくれたのですが、がんばりすぎて膝を痛めてしまったのと、日本人のかわいい彼女が出来てボランティアどころじゃなくなったのとで「英会話とカンフーが同時に覚えられる講座」はあっという間に閉鎖になりました。先生、人生「遊び」も必要なのですね。

 H18.10.4     日々是勉強

 コピーのトナーを交換する際に、無くなったトナーの残量を確認したくて勢いよく振ったら大変な事になった今日この頃。10月に入り、だいぶ涼しくなってきましたね。そろそろ「宅地建物取引主任者」(略して宅建)の試験日が近づいてきました。これから受験する方は最後の追い込みに入っている頃でしょうか?毎年全国で16〜18万人が受験し合格率15〜17%という試験で、不動産業を行うにあたって必要な資格です。この試験、「民法」「宅建業法」「法令上の制限、税その他」と大きく分けて3〜4つあるのですが、その中でも一番ややこしいのが「民法」。AさんBさんCさんとたくさん人が出てきます。時にはDさんEさんが出てきて余計な事をしてくれるので問題は複雑に。それに物件XやYも出てきて、あれ?Bさん、あなたはダレ?なんてことも。問題文も長いですし、専門用語も多いので最初は問題を理解するまでに時間がかかったのを覚えています。でも、年齢や学歴による制限がない為誰でも受験することができます。学生や主婦、会社を定年になった方まで年齢層も幅広いのです。ちなみに昨年は最高齢90歳、最年少14歳の方が合格しているとか。「合格」がゴールな方も通過点の方も最後まであきらめずにがんばってください!!

 H18.9.28     スープの冷めない距離 

 ここのところ、寒川の物件が動いていないこともあり、なかなか物件情報が更新できないでいる今日この頃。す・す・すみません・・・。週1で来る業者向けのちらしもだいぶ減りました。それでも、寒川で家を建てたいと探している方は結構いるのです。最近30代の奥様が小さいお子様連れで何組かいらっしゃいました。みなさん、いわゆる「団塊ジュニア」と呼ばれる方達。ご両親の援助もあるようですが、「金も出すが、口も出す」と言ったところでしょうか。親御さんとの微妙なズレを調整するのでご苦労されている様子です。私も20代の頃なら間違いなく息子さん、娘さんご夫婦の見方だったでしょう。でも今なら、親御さんの気持ちもよくわかります。どこかで妥協点を見つけてお互い歩みよりが出来る事ができれば良いのですが、現実はなかなか難しいようです。以前にも書きましたが、理想の家を建てることは時間もお金もかかります。完璧な家はありませんが、満足度の高い家を建てられるお手伝いができればと思っています。

 H18.9.21     姉さん、大変です!

 今月になってから2人もアパートの入居者が無職に。うち1人(30代男性)は次の就職先が決まったので安心したものの、もう一人(20代男性)は行方不明で家には彼女らしき女性が・・・。行方不明の彼は外国籍で勤務先の社長が心配してうちに来て初めてわかったことなのですが、今までまじめに働いてくれるので給料もそれなりに払っていたそうです。ところが、「給料が安いから辞める」とだけ言って次の日から来なくなったそうです。同年代の子の給料と比べても高額な金額をもらっているにもかかわらず、安いとは!!ましてや、彼は日本語もあまり上手くないおとなしい外国人。誰に吹き込まれたかしりませんが、こんなに良い条件で働けるところなんてないはず。まったく・・・。不動産屋で仕事をしていると、この手の話ならいくらでもあるのですが、雇い主である社長ががっくりした様子で帰っていくのを見て「恩知らず」な彼に会ったら一言いわなければと思った次第です。

 H18.9.14     お知らせ

 今日は「建築条件付」の土地1、580万のお知らせです。駅から徒歩10分で旭小学校が近くにあり、間取りもフリープランです。物件情報にも載せていますが、今週の土曜日に寒川全域と・藤沢の一部の地区の新聞にチラシが入りますのでぜひチェックしてみてくださいね。お問い合わせお待ちしております。

 H18.9.13     虎視眈々と・・・

 先週の暑さはどこへやら、いきなり寒くなり出番がなくなった扇風機が寂しそうな今日この頃。最近、40代〜50代ぐらいの女性が一人外に張ってあるチラシを真剣に見る姿がみられます。は!もしかして、来年の厚生年金の分割制度の施工を待って着々と離婚の準備を進めているのでしょうか・・・。子供が親離れし、頼られる事も少なくなり、今までの人生を振り返る時間ができた時、これからは自分の為に生きようという気持ちは自然なのかもしれません。私の知っている女性の中にも旦那様と喧嘩して、家を飛び出したものの行く当てもなくふらふらと歩いて気がついたら不動産屋の前にいたというのを聞きました。彼女の場合、離婚までには至りませんでしたが、こういう経験をした人は意外に多いのでは。世の旦那様は、奥さんが家を買うつもりもないのに不動産屋のちらしを熟読している場合はお気をつけあそばせ。

 H18.9.7      霊感なし予知能力全くなし

 事務所に一人でいるときに地震があり、しばらく固まってしまいました。私の机の後ろには大きな書類棚があり、その上には鮭をくわえた熊の置物やら観葉植物の重たい鉢が・・・建物が崩れる前に死ぬかもしれません。そのうち、防災頭巾をかぶって仕事をしているかも??この前ラジオで、地震で家に帰れない場合、無理をしてまで帰る必要のない人はその場で救助活動を行ってほしいという話を聞きました。災害時に役立つ地図も売られているようですが、実際に道路が寸断されれば通れませんし余震で2次災害に遭う可能性もあります。それよりも今、自分に出来る事を実行しなければならない状況に置かれたとしたら、家に帰るどころじゃなくなるかもしれません。そういう時の為に、もし家族がバラバラになった場合の連絡方法を事前に話し合っておくと安心かもしれませんね。ちなみに私が実家にいる頃は電話が使えない場合を想定して、「倉見駅にお昼の12時に家族全員揃うまで毎日集合」でした。そんな日が来ないことを願います。

 H18.8.25    残暑お見舞い申し上げます

 これ以上ガソリン代が上がると電車通勤になりそうな今日この頃。すっかり更新が遅くなり、友人から「生きてる?」というメールが・・・えーっと、かろうじて生きてます。そろそろ夏休みも終わりですね。私の小学生の頃の夏休みの思い出といえば、予想通り宿題が終わらず前日になって家族を巻き込み夜中までやったことでしょうか。案の定、母に怒られながら必死に片付けている私に同情票が集まり、絵は父担当、夏休みの観察日記と天気調べは母が、なんだかよくわからない工作は祖母で、私はドリルの残りと読書感想文、そして妹がみんなにお茶をいれる・・・という流れが。途中で「お父さん、もう少し下手に!真剣に書いてどうするの!おばあちゃん、ご飯粒はだめ、糊を使って!あんた(注・妹)はもう寝なさい!」と母の指示が飛び、そして、ものすごいタッチの絵が描き終わり、最初は細かく後は適当な観察日記と未だになんだかわからない工作、それにかなり短い読書感想文ができたのでした。旅行やプールよりも鮮明に覚えている夏休み最後の日の思い出です。

 H18.8.9     お知らせ

 今日は賃貸アパートのご紹介。寒川駅より徒歩10分で南向きのアパートです。内装リフォーム済みで、とてもきれいです。3DKで駐車場付き75000円でご紹介しています。お問合せお待ちしております。

 H18.8.8     縁起の良い日

 領収書の整理をしていたら、本日付で777円と書いてあるものを発見!!なんだか一人でニヤニヤしていたのですが、サマージャンボを買うことを忘れていました。ガーーーーーン・・・

 H18.7.29    もしもーーーーし!!

 自宅のパソコンのウィルス対策ソフトが上手く起動できないので、サポートセンターに電話をした所、「音声ガイダンスにしたがって・・・・・」と長い説明の後電話が切れてしまい、電話口で一人で叫んでしまった今日この頃。気が付いたら7月も終わりですね。今月は契約が何件か重なり、久しぶりに忙しい月でした。今日は駐車場の契約について。6月からの違法駐車取締りのせいか、改めて駐車場の契約をされる方もいるのではないでしょうか。その時に注意したいのが駐車場の又貸し。平日は使わないから友達に貸しておいたら、車を置きっぱなしにして連絡がとれなくなってしまったり、もう使わないので知り合いに貸したら料金を払わない等トラブルの元になります。そもそも契約違反になるのですが、やっている当人はあまり罪悪感がないのが現実です。料金の支払義務は契約者本人にあるので、「私はもう使っていないので支払えない」というのは通用しませんから、使わなくなる時に解約の申し入れをする事を忘れずに。

 H18.7.3     口は災いの元

 妊娠していない新婚さんに、おめでたですか?と聞いてしまった次の日、何年か振りに同級生のご主人にばったり会ったので、友人の様子を聞いたら「元旦那だから」と言われ、フォローに困った今日この頃。ふぅ・・・毎日暑い日が続きますね。この前、刑事さんが「空き巣注意」のちらしを持ってきてくれました。以前にも書きましたが、空き巣対策で一番は「人の目」です。友人の家の近くに空き巣が入った時も、お隣さんが気が付いて未遂に終わったそうです。たとえ、2,3日でも家を留守にする場合は、誰かに一声かけておくのも必要かもしれません。

 


葛e池不動産トップページ